このカテゴリーの最新記事

あなたの人生、片づけます  垣谷美雨

評価:★★★★★

「もしも明日が人生最後のゴミの日だとしたら、どうします?」
(本文引用)
_________________________________

 昔から、「読書をすると心が豊かになる」と聞く。それはいったいどういうことなのか、いまひとつピンとこなかったが、この小説を読み、ようやくわかった気がする。
 本を読むことで、自分にはうかがい知れない苦しみや、家庭の事情を抱えている人の気持ちを少しでも知り、慮り寄り添えるようになる。
 「私はこの本を読み、心が豊かになりました」なんて、恥ずかしくて到底人には言えないが、本書を読んだ人同士では、こんな風に自己紹介をしても良いのではないか。
 「私はこの小説を読み、以前よりも心が豊かになりました」と。
_________________________

 本書は、「片づけ」をテーマにした短編集。



 足の踏み場もない部屋に住み、恋愛や人間関係も混沌としている女性会社員、妻に先立たれた後、娘に家事を頼む木魚職人の男性、豪商の屋敷に一人で住む老婆、そして、炊事も子育ても全て投げ出した主婦らが登場する。
 そんな彼らに、片づけ屋・大庭十萬里が「お部屋と人生の片づけ指南」をする。

続きを読む

ニュータウンは黄昏れて  垣谷美雨

評価:★★★★★

「あー馬鹿馬鹿しいったらありゃしない。なんなんだろ私の人生」
(本文引用)
________________________________

 巷で話題になっていたので、試しに読んでみた。
 読み始めてすぐに、尋常じゃない面白さにグイグイ惹きこまれ、寝る間も惜しんで読んでしまった。
 そして、間をおかずに著者の小説を2冊注文した。しばらくはもう、他の作家の小説を読みたくない。猛毒と良薬を兼ね備えた垣谷作品に、いつまでもどっぷりと浸かっていたい。
________________________

 琴里、三起子、朋美は中学校以来の仲良しトリオ。
 彼女たちは久しぶりに会おうと約束するが、集まったのは琴里と三起子の2人だけ。しかも三起子は、彼氏連れだった。
 黛と名乗るその男は、イケメン・お金持ち・高学歴という非の打ちどころのない男性だった。



 琴里は、そんな男性を恋人にもつ三起子と、恋人もおらず奨学金の返済に明け暮れる自分との差に、みじめな思いを抱く。ところが驚いたことに三起子は、琴里と黛の2人でオペラを観に行ってほしいと依頼する。
 その後、三起子との連絡はプッツリと途絶える。

 一方で、琴里の母・頼子は頭を抱えていた。
 当時ニュータウンともてはやされ、バブル崩壊前に買った団地は価値が下落するばかり。莫大な住宅ローンが残された状況で、夫の給料も激減し、爪に火をともすような生活を送る。
 そんななか、団地の理事会で建て替えの話が持ち上がる。

続きを読む

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告