このカテゴリーの最新記事

デュルケーム「自殺論」感想。愛する人を喪った人に、ぜひ読んでほしい歴史的名著。

「奇妙なことに、どのようにして窓を乗り越えたか、そのときどのような考えが自分を支配していたかを、さっぱり思いだすことができない。というのも、私は、自殺しようという考えをまったくもっていなかったし、あるいは少なくともいまでは、そのような考えをもっていた記憶がないからだ」
(本文引用)
__________________________

 今年ほど、「自殺」について考えた年はない。

 いや、私が「自殺したいと考えていた」という意味ではない。

 「自殺はなぜ起こるのか? 自殺とは一体なにか?」と、そのまま「自殺について考えている」という意味である。

 そんな私の疑問に答えてくれそう・・・と思い、購入したのが「自殺論」。
 
 そう、私が知りたかったのは「自殺に関する論考」=「自殺論」。

 「人はなぜ自殺するのか?」「自殺の動機には、どのようなものが多いのか?」、そして「自殺は伝播するのか・・・?」等を知りたく手に取ったのだが、読んだら期待以上。

 地域・年代・季節・学歴・生活スタイル等々、目をむく緻密さで「自殺」について調査・分析されていた。

 
 本書を読んだ結論を言うと、やはり「自殺を完全に無くす」というのは、残念ながら不可能だ。
 
 しかし本書の「人間・地域・気候等による、自殺率比較」は、「自殺への歯止め」に少なからず有効なはず。

 さらに本書のメリットは、「自殺抑止」だけではない。

 自殺が行われてしまった後でも、読む意義はおおいにある。

 「愛する人を、自死で喪った人の心」を、本書は疑問の余地をはさむことなく救ってくれるのだ。

続きを読む

「食べることと出すこと」感想。潰瘍性大腸炎を知りたく購入。得るものは途轍もなく大きかった。

「何か事情があるのかもしれない」「本当はそういう人ではないかもしれない」という保留付きで、人を見たいものだと思う。
 そのわずかなためらいがあるだけでも、大変なちがいなのだ。

(本文引用)
__________________________

 安倍首相が持病の悪化で辞任した。
 支持云々に関係なく、純粋に「体調が悪いなか、大変だっただろうなぁ・・・。本当にお疲れさまでした」としみじみ。
 
 首相の件を機に、「潰瘍性大腸炎のつらさ」を知りたくなった、いや、知らねばならない、と思った。

 そうしないと今後、外から見えにくい病やつらさ、苦しみ、悩みを抱えている人を、無意識に傷つけてしまうだろうから。

 ひとまず「潰瘍性大腸炎」という病から、「病を抱えている人の心情を、極限まで想像する訓練」をしないと、人として大変なことになる・・・と怖れを抱いたのだ。

 そこで読んだのが「食べることと出すこと」。
 
 ・・・衝撃だった。
 私は甘かった、あまりにも甘かった。


 「病を抱えている人の心情を、極限まで想像したい」だと?
 そんなことを考えていた自分を、ひっぱたきたい気分になった。

 そして「そんなことを考えていた自分」に、こう叫びたい。

 「病を抱えている人の気持ちを想像する」なんて無理なんだよ!
 「病を抱えている人の気持ちを想像することなど、永遠に想像できない」と思うべきなんだよ!


 潰瘍性大腸炎のことを知りたくて読んだ、「食べることと出すこと」。
 得られるものは、潰瘍性大腸炎の知識だけではない。到底ない。

 「人間、他者のつらさ・苦しい・悩みを想像することなどできない、ということを想像せよ」という、途轍もなく大きなことを教えてくれる名著だった。

続きを読む

「博士と狂人」感想。「舟を編む」英語版!?あの大辞典は殺人事件から始まった。

正体を明かさないまま緻密な仕事をするこのすばらしい男は、いったい何者なのか?
(本文引用)
__________________________

 簡単に言うと「英語版・舟を編む」。
 しかし「舟を編む」と、決定的に違う点が1つある。

 それは「完成の影に殺人事件があった」こと。

 全11巻、総ページ数1万6570頁、収録語数41万4825語、用例182万7306。
 史上類を見ない、圧倒的な語数を誇るオックスフォード英語大辞典。

 そんな世界的権威のある辞書が、「殺人事件のおかげで完成した」と聞いたら、「まさか」と思うだろう。

 しかしその「まさか」なんだから、事実は小説より奇なり。

 「そんな馬鹿な」とお思いなら、ぜひ本書を読んでみてほしい。
 
 ちなみに本書は10月に映画化。


 メル・ギブソンとショーン・ペンが、その数奇な運命をどのように演じるのか。
 少々怖いが・・・これはちょっと観るしかない!

続きを読む

「バンクシー アート・テロリスト」感想。バンクシー展に行く前に読んでおけばよかったと激しく後悔。

 バンクシーを捕獲した小池知事は、確かに「英断」を下したのかもしれません。けれども、その前に相談をし、判断を仰ぐべきだったのは、ほかでもない東京都民であり、港区区民でした。
(本文引用)
__________________________

先日、「バンクシー展」に行ってきた。
(※全作品、撮影OK)。
IMG_2434-tile.jpg

IMG_2507-horz.jpg

IMG_2516-horz.jpg


 鑑賞後、手に取ったのが「バンクシー アート・テロリスト」


 
 なぜ本書を買ったかというと、展覧会で「バンクシーのメッセージ性に気圧された」から。

 戦争、民衆への抑圧、大国の傲慢、世界の分断・・・。
 「世界の大問題」に対する強烈なメッセージが、作品1つひとつに詰め込まれていることをビシビシ感じ、圧倒されてしまったからだ。

 「これはバンクシーについて、もっと知らなければならない。ムーブメントに乗っかるだけではいけない」
 そんな思いが突き上げるように込み上げ、バンクシーにまつわる本を憑りつかれたように検索。

 「バンクシーのメッセージ」を、最もわかりやすく伝えてくれそうな本書を買った。

 そして読み終えた今、断言する。
 「これからバンクシー展に行く人は、絶対読んでおいたほうがいい!」
 実は私、現在大大後悔中。
 本書を読みながら、何度「バンクシー展に行く前に読めばよかった」と悔やんだことか。

 「この本を読んでいれば、あの作品の写真も撮っておいたのになぁ」
 「もっとじっくり真剣に、作品と対峙したのになぁ・・・」と、毎日ため息をついている。

 というわけで、これから「バンクシー展」に行かれる人のために、本書を紹介。
 
 本書を読んだあなたは、会場内にいる「読んでいない人」より、圧倒的にバンクシー展を深く楽しく味わえるだろう。

続きを読む

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」が実用的すぎ!お弁当作りがラク&楽しくなるメソッド満載。

「朝早くからすごいクリエイティブなことをしているんだぞ!」と、自分に言い聞かせながら作っていた
(本文引用)
__________________________

毎日、娘にお弁当を作っている。

118495188_1111523025911950_4792389083262378320_o-tile.jpg

118041237_1103815616682691_712137501475516935_o-tile.jpg

 正直「大変だな~」と思うこともあるが今はガラリと改心。
 お弁当作りが楽しくて楽しくて仕方がない。

116584303_1082808612116725_5218191260913158931_n-tile.jpg

118167596_1105439699853616_4876607468566451815_o-tile.jpg


 お弁当作りが楽しくなった理由は、この本。
 「461個の弁当は、親父と息子の男の約束」のおかげ。

 一見「お弁当を通じた感動物語」に見えるが、実は「超」が100万個つくぐらい実用的!
 
 お弁当のメニューの決め方、食材の選び方、肉・魚・野菜の保存方法、おすすめ調味料、お弁当をおいしく食べられる味付け方法etc.
 
 とにかく「お弁当」に絞りに絞って特化した、最強お弁当マニュアルなのだ。

 現在、お弁当を作っている人は、悪いことは言わない。
 本書を買ったほうがよい。


 「おいしくて見た目が良い」だけではない。
 
 “子どもも自分も本当に喜ぶお弁当”というものを、サッと作れるようになる。
 
 それより何より、お弁当作りがつらくなくなる。
 お弁当作りがめっっっちゃくちゃ面白くなる!(←これ重要)

 もうホント、「お弁当作りがつらい・・・でも逃れられない」と憂うつなら、だまされたと思って「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」、読んでみて!!!(人生全て賭ける勢いで推薦)

続きを読む

「ワイルドサイドをほっつき歩け」感想。「選挙に行ったことがない人」に読んでほしい一冊。

 「しかし、あいつらみたいのをブレグジット破局っていうのかな」
(本文引用)
__________________________

 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」が、もう魂抜かれるほど面白かったため、本書も購入。
 
 リズミカルで、ちょっと尖っていて、ポップで、音楽を聴いてるようにスイスイ読めるのに、読後、「人生ですごく大事なもの」が残っている。
 
 ちょっとスパイシーだけど、一度食べたらやめられなくて、気がつけば一袋食べきっちゃって、しっかり血肉になっているスーパーフード。

 それが、ブレイディみかこさんの本だ。

 本書は「ぼくはイエローで・・・」から一転、「英国のおっさんたち」が主役。

 かつてのモテ男、EU離脱でもめる中年カップル、絶対に病院に行きたがらない頑固オヤジ・・・。


 やや老害気味のおっさんたちが縦横無尽に跋扈する本だが、私は思った。

 「ワイルドサイドをほっつき歩け」は、「選挙に行ったことがない人」必読だ、と。
 「選挙なんて意味がない」と思ってる人は、読むべきだ、と。

続きを読む

「なぜ支店長は飛ばされたのか」感想。「なぜ半沢直樹は人気なのか」がコレ一冊でわかる。

 なぜ、あのドラマがあれほど視聴者に受けたのか、期待以上の高視聴率を誇ったのか、その「本当の理由」をあなたはおわかりだろうか。
(本文引用)
__________________________

 ドラマ「半沢直樹」が、今期も好調の様子。

 私も半沢直樹シリーズの大ファンで、本は全て読んでいる。



 それにしてもなぜ、半沢直樹はこうも人々を惹きつけるのか。
 
 人気の秘密を知りたい方は、本書を読むのが最短距離。

 「半沢直樹のモデル!?」と噂の元銀行員が、半沢人気の秘密を公開。 


 

実は、僕には、その最大の理由がよくわかる。僕はドラマの熱心な視聴者ではないが、その答えは明白だ。


 はてさて、リアル半沢直樹が暴露する「半沢人気」の「意外な理由」とは?

続きを読む

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告