このカテゴリーの最新記事

「明治を生きた男装の女医 高橋瑞物語」感想。医学部女性差別問題で「注目したい二人」の行動。

 これは小さな一歩であったかもしれない。しかし、お産による死を受け入れるしかなかった女たちや家族、そして社会に一石を投じ、お産への医療介入の必要性を知らしめる契機となった。
(本文引用)
__________________________

 女医誕生の物語といえば、渡辺淳一の「花埋み」を思い浮かべる人が多いであろう。

 「花埋み」は、日本初の女医・荻野吟子の生涯を描いたもの。
 苛烈な女性差別と闘いながら、医師になる夢を叶え、多くの命を救う姿には、何度読んでも胸が熱くなる。
 
 本書の主人公「高橋瑞」もまた、女性が医師となる突破口を拓いた人物。
 産科無償施療を行い、「出産で死ぬのは運命」という“女性たちの諦観”を、根底から変えた人物だ。

 しかし「医学」における女性差別は、まだなくなっていない。


 本書から100年経った今なお、医学における女性差別は深刻。
 医学部受験で、女子の点数が引き下げられていた問題は、誰もが知るところだ。

 そこで読みたいのが「高橋瑞物語」。
 本書を読むと、「差別意識を自覚し、改めることの尊さ」が胸に染み入る。

 差別してしまったことは、許されないことだが、もう仕方がない。
 本当に許されないのは「差別とわかっていても改めない」こと。
 
 自分の過ちを認めることが、どれほど美しいか。
 己の固定観念を引きはがし、差別を改めることが、どれほど崇高なことか。

 本書を読むと、「過ちの自覚・思い込みからの脱却・改心」の素晴らしさがよくわかる。

 「医学部女性差別の根本的撤廃」を考えるうえで、必読の一冊といえるだろう。

続きを読む

「とてつもない数学」感想。あなたが「かっこいい」と思ってる物は、全て「数学」が支えてる!

美を追求しようとすることと、真実を明らかにしようとすることは、きっとよく似ているのだと思う。
(本文引用)
__________________________

 「ちょっ・・・あんたこれ、とてつもない数学って言うけど、とてつもないのはこの本だよ!

 私は読みながら、ちびまる子ちゃんのように本書にツッコミを入れてしまった。
 
 永野裕之さんの本は「東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法」が、これまたとてつもなく面白く、とてつもなく役に立った。
 (子どもの勉強法に悩んでいる方は、本当に必読!)

 よって「きっとこの本もとてつもないんだろうなぁ~」と、ワクワクして飛び出しそうになる心臓を手で押さえながら、ページを開いた。

 結果、「期待通り」、いや、「期待以上」

 私は「数学って面白いよ~」と言ってくれる本が好きで、結構読んでるつもりなのだが、本書は頭一つ、二つ、いや三馬身ぐらい抜けている。


 本書で繰り出される「数のマジック」に夢中になり、読んだ翌朝、夫にまで披露(※私は読んでる本が面白いと、人に話さずにいられない質なのだ)

 「突然だけど、××市の中に、髪の毛が全く同じ本数の人って、複数いると思う?」
 「3桁の数字を2回繰り返した、6桁の数字を作ってみて。そうそう、それを7で割って余った数の分だけ、1万円あげるって言ったらどうする?」


 子供をはさんで朝食をとりながら、夫に出題。
 答を言ったところ・・・「なーるほどー!!!」と目をピカーッと光らせて喜んでくれた(※夫はとても聞き上手です)

 「子どもを数学好きにさせたい」「純粋に、数学・数の面白さを堪能したい」
 そんな方に、本書はホントーーーにおすすめ。

 とりあえず、あなたが住んでる自治体の人口をチェックして、本書の「黄金の扉」を開いていただきたい。

続きを読む

「病魔という悪の物語 チフスのメアリー」感想。コロナ禍で「心に留めておきたいこと」がここにある。

 人間というものは、本当に、自分よりも弱い立場に貶められた人を見つけると、その人をもっと貶めて喜ぶところがあるらしい。
(本文引用)
__________________________

 新型コロナウイルスで、問題となるのは「2つの伝播」だ。
 ひとつはウイルスの伝播で、もうひとつは「噂」の伝播。

 感染者や、「検査の結果待ち」の人が移動しただけで、ネットリンチにさらされる。
 
 私はそれを「現代ならではの残酷さ」「SNS時代ならではの無情」と捉えていた。
 ひっくり返せば「昔は良かった」というところだ。

 しかし「チフスのメアリー」を読み、その考えは180度変わった。

 弱者に対する誹謗中傷は、昔も今も変わらない。


 いや、昔のほうがひどい。
 SNSで、様々な意見が飛び交う今のほうが自浄作用が働き、はるかに「まとも」なのかもしれない。

 本書の内容にガタガタと震えながら、私は認識を改めた。
 改めざるを得なくなった。

続きを読む

「不倫」感想。不倫はしない方がいい。でも不倫を責めるのは、もっとしない方がいい。

 「浮気や不倫はダメだ」「二股なんてとんでもない」と叩いても、叩く人自身の脳に「自分は“正義”を執行している」という快楽を呼び起こす以上の効果はありません。
(本文引用)
__________________________

 最近発覚した、ある芸人さんの不倫報道。
 そのニュースを聞いた瞬間、こう思った。

 「いよいよ真剣に、不倫について考える時機かもしれない」。
 
 件の記事を読んだとき、「これはもう倫理観では片づけられない、もっと根本的な問題が潜んでいるな」と直感。
 不倫について、「脳構造」「遺伝子の塩基配列」で考えねばならぬ、と感じたのだ。
 
 そこで、ずっと気になっていた本書を購入。
 
 タイトルはズバリ「不倫」。
 「脳科学といえばこの人!」の中野信子先生が、「不倫」を「脳科学的視点」から解説。
 
 そこには、私が思っていた以上の「不倫の根深さ」があった。
 結論から言うと、「不倫」は人類からなくならない。
 酸素や水と同じぐらい、この世からなくなることはないであろうことが、よくわかった。


 だから、他人の不倫を責め立てるのは「無意味」であり「時間の無駄」。

 今現在、『赤の他人の不倫にカッカしている人は、本書を読んでみてはいかがだろうか。
  他人の不貞に振り回されて、人生の貴重な時間を無駄にすることが、すっかりなくなるであろう。
 (※あくまで“赤の他人”。自分の伴侶の不倫については、その限りではない。)

続きを読む

「ウイルスは生きている」感想。子どもと血液型が違う私、実はウイルスに守られていた!?

 教科書では「ウイルスは生物ではない」、そう教えられる。しかし、実際にウイルスを身近に扱うようになると、それは「生きている」としか思えないものだった。
(本文引用)
__________________________

 2017年、講談社「科学出版賞」受賞作。
 とにかくわかりやすくて、とにかく面白くて、「ウイルスってこうなんだー!」と膝を何度も撃ち抜いた。

 生物学も医学もド素人の私が、ここまで「わかりやすい!」とテンションが上がったぐらいだ。
 「ウイルスは生きている」、勝手に「日本一わかりやすいウイルスの本」と認定させていただく所存だ(傲慢ですみません)。

 「ウイルス感染の仕組みは、家なき子?」
 「ウイルスと非ウイルスの違いは、男子中学生丸刈り問題と同じ?」
 「ウイルスとは悪者なのか?」
 「結局、ウイルスとは生物なのか?」

 ウイルスが起こす、人智を越えた不思議現象から、ウイルスを徹底解説。


 コロナ禍で、「ウイルスとは何か」「ヒトとウイルスは共生できるのか」を知りたい方。
 ウイルスの実態を把握することで、より適切なコロナ対策をしたい方には、これ以上ないほどオススメの一冊だ。

続きを読む

「サイコパス」感想。ネットでの誹謗中傷は「デメリットしかない」と納得するしかない一冊。

いうまでもなく、こうした人物の発言は、真に受けないことです。
(本文引用)
__________________________

 ネットでの誹謗中傷が問題となっている。
 どこの誰とも知らない人に勝手に憎まれ、罵詈雑言を浴びせられるのは、大変な恐怖と苦痛であろう。
 今後、犯罪として刑罰が科せられることも十分あり得る。
 
 しかし誹謗中傷をする人のなかには、こう考える人もいるのでは。

 「炎上ブロガーには何を言ってもよい」

 確かにたまに「・・・またこんな問題発言を・・・」「何でこういうこと、言っちゃうのかなぁ?」と、首をかしげたくなる人がいる。

 そのような発言に対し、顔出しで「建設的かつ至極もっともな意見」を述べる人を見ると、「その通りだなぁ。立派だなぁ・・・」とただただ尊敬する。

 だがどさくさに紛れて、「炎上ブロガーには何を言ってもよい。言っちゃえ言っちゃえ!」と過度な悪口雑言を発する人も少なくない。

 
 ところが、である。

 「サイコパス」を読むかぎり、「炎上ブロガーに対する誹謗中傷は全くの無駄」ということが判明。

 今、SNSやブログで「トンデモ発言」をしている人に対し、「何か言ってやろう」という欲求が高まっているのなら、まずは本書を読むのが得策。

 「自分にはデメリットしか残らない」とわかり、自然と気持ちが落ち着き、平和な日々を過ごせるであろう。

続きを読む

「こころはいかにして生まれるのか」。悲しい時に笑ってる人を非難しないで!それ以上の悲しみがないから笑っているのだ。

 悲しむために泣く必要はないが、「泣くことによって悲しみはさらに強くなる」
(本文引用)
______________________________

 つらいことがあった時、こんなことを言われて、傷ついた経験はないだろうか。
 
 「意外と元気そうだね」
 「こんな時に笑ってるなんて」

 本当はつらくて悲しくて仕方がない。
 でも「笑顔でいれば良いことが起きる」「みんなに心配かけちゃいけない」という思いから、スマイルスマイル。

 つらいからこそ笑顔でいるのに、たま~に心ない人がいる。

 「意外と元気そう」「笑ってるなんて不謹慎」などと責め立てるのだ。

 さて、なぜ私がここで「心ない人」と言ったのか。

 それは「つらいからこそ笑顔」の人を、安易に批判する人は、「こころ」の仕組みを知らないから。
 (知ってる人も少ないとは思うが。)

 もし「つらいからこそ笑顔」の時、あなたを中傷する人がいたら、そっと本書を手渡そう。


 あなたが必死に涙を止めてる理由を、ようやくわかってくれるはず。

 これ以上のつらさ、悲しみ、苦しみなんてない。
 だからもう泣いてないんだ・・・ってね。 

続きを読む

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告