このカテゴリーの最新記事

宇宙エレベーター ―――その実現性を探る  佐藤実

評価:★★★★★

 私たちの祖先が海や砂漠に挑んでいったように、広大な宇宙を前にした私たちは、たとえそこがどんなに過酷だろうと、挑まずにはいられないのです。
(本文引用)
______________________________

 「夢があるぅ!」
 本書を読みながら、思わずこう叫んでしまった。

 夢というのは具体的に語られれば語られるほど、ロマンチックで心弾むものになる。
 ただボンヤリと「こんなこといいな、できたらいいな」と無暗に期待するよりも、具体的に「これを叶えるにはこの材料が必要だが、現在のところ、こうこうこういう理由でそれは難しい」と手厳しく言ってもらったほうが、より夢は膨らむ。

 そういう意味で、本書ほど読者に夢を与え、心弾ませる本はなかなかないのではないか。



 地球と宇宙とをケーブルでつなぎ、誰でも宇宙に行けるようにする夢の装置「宇宙エレベーター」。
 一見、少年漫画に登場するようなトンデモ構想に思えるが、本書では技術やコスト、法律など様々な視点から、宇宙エレベーターの実現可能性を徹底分析していく。
 いよいよ、厳しい宇宙飛行士試験を突破することなく、地球にいるのと同じ感覚で宇宙に行ける時代がやってくるのかもしれない!?
_____________________

 本書は6章構成。宇宙エレベーターの定義づけから始まり、それを実現させるカギにとことん迫り、関係者へのインタビュー、宇宙開発の歴史、そして未来へとつながっていく。
 なかでも読み応えがあるのが、第4章「特別インタビュー」。特にJAXA・向井浩子氏の話が興味深い。

 向井氏は法学部出身で、宇宙開発にかかわる契約・法務の仕事に携わっている。
 そんな向井氏との問答は、宇宙エレベーターを単なる夢物語で終わらせない、現実味に満ちている。

 「宇宙エレベーターは地表の建築物なのか、宇宙の構築物なのか?」
 「宇宙に関する国際的な法令や条約はあるのか」
 「損害が発生した場合、賠償するのは誰なのか」
 「もし宇宙で殺人事件が起きたら・・・?」

 そんな、普通では思い至らない「宇宙エレベーターができた際の疑問」について、向井氏は詳しく解説していく。

 地球であれ宇宙であれどこであれ、そこに多くの人間が存在する限り、契約や規則が必要である。そしてそれをきちんと決めるには、そもそもどこからが宇宙なのかを定める必要があり、国家間の取り決めも徹底的に詰めて考えておかなければならない。
 宇宙エレベーターは、地球にいるのと同じような環境で、人間を宇宙に行かせてくれる夢のような装置だ。
 しかしそれは要するに、「地球に人間がいること」と同じように考えなくてはならないということ。大きな夢の実現には、それをはるかに上回る大きな責任と緻密な整備が不可欠なのだ。

 本書を読む限り、宇宙エレベーターの実現は未知数だ。数十年のうちにできるかもしれないし、永遠にできないかもしれない。
 しかしいずれにしても、宇宙エレベーター構想は「宇宙に人間が行くこと、いることとはどういうことか」を根本からじっくりと考えさせてくれるものだ。
 宇宙エレベーターについて知りたい方にはもちろん、「宇宙で一定期間過ごしてみたい」とお考えの方にも心からお薦めの一冊である。

詳細情報・ご購入はこちら↓

宇宙を撮りたい、風船で。 ~世界一小さい 僕の宇宙開発~   岩谷圭介

評価:★★★★☆

 失敗は、「やってみた」からこそ、得られるものです。
(本文引用)
_________________________________

 読みながら、鼻血が出そうになった。ちょっとボルテージが上がりすぎたようだ。

 本書は、宇宙撮影を成功させた男性の手記だ。
 ただし、かかった費用は通常の宇宙開発の99%OFF。風船や発泡スチロール、カーペットのホコリを取るコロコロなど身近な素材を使って成し遂げた、“世界一小さな宇宙開発”の軌跡である。
______________________

 著者・岩谷圭介氏は、幼少期に映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクに憧れ、発明家を志す。
 大学では機械工学科の航空宇宙を専攻。着々と、「ふうせん宇宙撮影」の萌芽をふくらませていく。

 本書には、そんな著者の人生と、「ふうせん宇宙撮影」成功までの紆余曲折が書かれているのだが、そこで何度も目にするのが「成功より失敗のほうが、多くのことを教えてくれる」という言葉だ。

 著者は、「失敗すること」の必要性・重要性を以下のように語る。 
 

「どうしたらできないか」という例をたくさん知っていれば、「あ、ここがダメだったんだ」と、次に、そこを埋めておくことができるようになる




 

失敗は、自分のダメだった部分と向き合わなくてはなりません。自分の足りなかった部分と、真摯に向き合うための機会をもらえます。


続きを読む

またまた「人類が生まれるための12の偶然」 ~「火星に水の証拠」発表を受けて~

 2015年9月28日、米航空宇宙局(NASA)が、「火星の表面に生命の存在に不可欠な水が現在も流れている証拠を見つけたと発表」したという。(日本経済新聞2015/9/29 朝刊より)

 これにより、火星に何らかのかたちで生命が存在する期待が高まったというが、ここで再び「人類が生まれるための12の偶然」を読み返してみると面白い(前回の記事はこちら

 本書では、「水の存在は、生命の誕生と密接に関わっている」とされている。そう考えると、今回の発見はまさに、火星に生命が存在する可能性をおおいに高めるものだ。

 しかし本書によると、「物質としての水」が存在する惑星というのは、他にもあるとのこと。
 天王星、海王星、木星にも豊富な水があり、質量に占める割合は地球よりもかなり高いようである。



 ならば、なぜ地球が「水の惑星」と呼ばれるのか。それは、「地表に液体としての水が豊富にある」からだという。
 さらに地球には、水のかたちが液体・気体・固体とある。この三態が揃っているのが、地球の大きな特徴であると、本書には書かれている。
 (この後に続く「水の特徴」まで読むと、さらに水と生命とのつながりがわかって非常に面白い。水の中に氷が浮かぶという現象が、これほどまでにありがたいこととは思わなかった。)

 よって、今回のように「液体の水が地表面に流れたらしき有力な証拠」が見つかるということは、やはり「生命が存在する」可能性を大いに秘めていることになるだろう。

 地球人にとって非常に親近感のある火星。つかめそうでつかめない、この星の謎からは、これからも目が離せそうにない。

人類が生まれるための12の偶然  眞淳平・著/松井孝典・監修

地球にとって、私たち人類のかわりはいくらでもいるのです。
(本文引用)
_________________________________

 純粋な科学本でありながら、途轍もなく壮大な平和メッセージを感じる一冊だ。

 戦争や殺戮が起こるのは、何があっても人類が滅ぶわけがないという油断と驕りがあるから。
 逆に、人類というものは実はいてもいなくても良い存在で、たまたまこの世界にいさせてもらっているだけだと自覚すれば、少しでも平和に穏やかに過ごそうと心がけるのではなかろうか。
 本書を読み、そんなことを強烈に感じた。
__________________________

 この本では、「人類」という生命体が生まれた原因を、宇宙誕生の瞬間からつぶさに解説していく。



 宇宙誕生に不可欠な「重力」「電磁気力」「強い相互作用」「弱い相互作用」の存在、太陽の活動、惑星の存在、月と地球の関係、水と酸素・・・と、徐々に範囲を絞りこんで、人類誕生の「偶然」を1つひとつ挙げていくのだが、これが本当にドラマチックでぐいぐい惹きこまれる。

続きを読む

野口さん、宇宙ってどんなにおいですか? 野口聡一/大江麻理子

野口 ISSから地表を見ながら、いつもここにはどんな人が住んでいて、どんな人生があるんだろうなって考えるんです。その場所に自分が知っている人がいる場合はさらに感慨が深いです。もしかしたらこの瞬間、地上とISSでお互いに見つめ合ってるんじゃないか、って。
(本文引用)
__________________________________

 このたび、宇宙飛行士の野口聡一さんが国際団体「宇宙探検家協会」の会長に就任した。アジア圏出身者では初の快挙だという。
 この団体は世界中の宇宙飛行士から成る組織だそうだが、その会長に選ばれるということは、宇宙飛行士のなかでも特に優れているという意味だろう。
 そんなアストロノート・オブ・アストロノーツである野口聡一さんに、宇宙飛行に関するあれこれを驚くほどすみずみまで聞いてしまうのが、この本。
 
 宇宙服ってどうやって作るの?宇宙に行くと、体はどう変わるの?宇宙に行くと困ることって何?宇宙では洗濯ができないって聞くけど、パンツはどうしてるの?ゴミはどうするの?宇宙から見た地球って、どんな姿をしてるの?宇宙飛行士同士って、どんな関係なの?そして、宇宙にはにおいはあるの?…etc.


 そんな、なかなか聞けないちょっぴり恥ずかしいことが聞けてしまうのも、聞き手が大江麻理子アナウンサーだから。そして、そんな質問に面白まじめに答えてくれるのも、野口さんが「スペース・ツイッター・キング」(オバマ大統領命名)と呼ばれるような人だから。
 そんな二人の対談は、来る宇宙時代への期待をググッと高めてくれる面白さだ。

続きを読む

宇宙飛行士に学ぶ心の鍛え方 古川聡

 どうにもならないことが起きたときは、自分がコントロールできることに精一杯取り組み、そのプロセスを楽しみながら続けていくことができれば、その後の糧となることを実感できます。
(本文引用)
__________________________________

 以前読んだ「ドキュメント宇宙飛行士選抜試験」では、「どういう人が宇宙飛行士に選ばれるのか」がよくわかった。
 
 しかしその試験をくぐり抜けたからといって、終わりではない。
 それまでの職や収入を投げ打って宇宙飛行士になれたとしても、いつ宇宙に行けるかはわからない。その日をひたすら過酷な訓練をしながら待ちつづけ、飛べば飛んだで、常に命の危険にさらされる。

 そのような状況のなか、宇宙飛行士たちはどのようにして自分をコントロールし、ストレスに耐え、与えられた仕事を全うしているのか。
 本書は、現役宇宙飛行士によるセルフマネジメント術。それも宇宙飛行士に選ばれてから実際に飛ぶまで12年余り待ちつづけ、そして約半年ものあいだ国際宇宙ステーションに滞在した飛行士からの言葉だ。耳を傾けずにはいられない。
____________________________

 著者古川聡氏は、医師から宇宙飛行士を志し、見事合格。当初は5年後ぐらいには宇宙に行けるだろうと思っていたものの、2003年のスペースシャトル・コロンビア号の事故等の影響で、結局飛行までに12年を費やすこととなる。
 先の見えない不安にさいなまれながらも、他の宇宙飛行士からの「先が見えないときには訓練自体を楽しんでしまえばいい」という言葉や、若田光一氏の「待つことも仕事だよ」という言葉に励まされながら、日々訓練に励む。
 そんな古川氏が語る自己マネジメント術からは、ひたすら「本来の目的や原点を見失わない」ことと「頑張ること自体を目的にしない」ことが読み取れる。



続きを読む

宇宙はこう考えられている:ビッグバンからヒッグス粒子まで 青野由利

 ある時、1人の人が左側のナプキンを取ったとします。すると、隣の人も、そのまた隣の人も、左側のナプキンを取らざるをえません。ぱたぱた、とみんなが左側のナプキンを取ることになります。
(本文引用)
_______________________________

 各界の達人というものは、どうやら「比喩の達人」でもあるらしい。

 例えばスティーブ・ジョブズ。
 彼は異性の心を射止める方法として、こんな言葉を残しているという。
 

 「ライバルが10本のバラを贈ったら、君は15本贈るかい? そう思った時点で君の負けだよ。ライバルが何をしようが関係ない。相手が望むことを見極めるのが肝心なんだ」。

(2013/06/03日本経済新聞 朝刊 「春秋」より)

 ただ消費者の心をつかむには云々・・・と形式的な理論を話されるよりも、ずっと頭に入り、心に残り、そしてもっと聴きたくなる。


 では、こんなわかりやすい「例え話」が小難しい物理学に持ち込まれたら、あなたはどう思うだろう。私なら、嬉しい。

 そんな嬉しい一冊が、この「宇宙はこう考えられている」
 「宇宙はこうである」ではなく、飽くまで「宇宙はこう考えられている」と説く本なので、宇宙研究の今昔物語といった内容なのだが、これが何とまあ驚くほどわかりやすくて面白い。

 その原因は、随所に盛り込まれる巧みな「例え話」。
 宇宙は膨張しているのか?「している」とすれば、どうやってそれを説明できるのか?
 宇宙に始まりと終わりはあるのか?「ある」もしくは「ない」とすれば、どのようにして証明できるのか?

 そして何と言っても、今、大注目の「ヒッグス粒子」。
 今年3月に「発見がほぼ確実」とされ、各メディアが上を下への大騒ぎ。しかし一般市民にとっては、どことなくポカーン。「万物に質量を与える?それってどういうこと?」・・・悔しいけれど、ちょっと置いてきぼりにされた気分になるニュースであった。

 しかし、これを読めばもう大丈夫。膝を打つような見事な例え話で、「ヒッグス粒子とは何か」を説明してくれる。

 たとえば、こんな感じだ。

 まず前提として、素粒子に質量を与えているのは、正確に言うと「ヒッグス粒子」ではなく「ヒッグス場」という空間である。そのことを頭に置いておく。
 そしてここからが本番。

 

 大きな会場にたくさんのジャーナリストが集まっているとします。そこに、まったく無名の人が入ってきても、誰も関心を払わないので、その場をするすると通り抜けることができます。これが質量のない状態です。



 フムフム。
 しかしこれがもし、無名の人ではなく有名人やスターだったとしたら・・・。

 

 ジャーナリストたちが寄ってきて、ぜんぜん前に進めなくなります。



 そう、これがすなわち「質量を持つ」こと。
 「前に進めない有名人=素粒子、群がるジャーナリストたち=ヒッグス場、質量=歩きにくさ」と言うのである。

 これはCERN(欧州合同原子核研究所)の所長ホイヤー氏が、昨年7月の記者会見で述べた例え話だそうだが、どうだろう、いきなり自分がヒッグス粒子になった気分ではないだろうか。
 実は私は以前、新幹線のホームで元サッカー選手の中田英寿氏を見かけたことがあるのだが、その時のホームにいた人々はまさにヒッグス場そのもの。
 お互い何の関心も抱かずバラバラだったホームの空気が、急に中田氏に集中。パーティー会場ではなく電車のホームという公共の場だったこともあり、それほど質量は重くなかったと思うが、確かに質量をもった瞬間だったといえるであろう。(当初、中田氏に全く気づかず、思いっきり彼の前を通り過ぎた私っていったい・・・)

 その他、ビッグバン直後の現象「対称性の自発的な破れ」という「何じゃらほい」と言いたくなる現象についても、非常に身近な物(洗濯物のハンガー等)を用いて実にわかりやすく説明されており、感涙もの。

 本当に情熱をもって研究をし、その研究や発見の素晴らしさを皆に伝えたい、わかってもらいたい、と思えば、どんなに難しいことでもここまでわかりやすく、かつ面白く表現することができるのかと驚愕した(これは以前読んだ「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」にも通じるものである)。

 ヒッグス粒子って何?宇宙って何?研究者たちはどんなことを考えているの?

 そんな疑問を少しでも持っている方に、ぜひ手にとってほしい一冊である。
 (※ちなみに、本書中にある「曲率」については「100年の難問はなぜ解けたのか」もオススメ)

詳細情報・ご購入はこちら↓

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告