このカテゴリーの最新記事

道尾秀介「いけない」。犯人を知りたければ、本の中を探してはいけない!タイトルが「いけない」理由とは?

評価:★★★★★

 ――お前たちは大きな勘違いをしている。
(本文引用)
______________________________

 読み終えて一夜明けたが、まだ腰のあたりに衝撃がビリビリ残っている。

 ミステリーで、ここまで骨の髄からゾッッとしたのは初めて。
 しかも後遺症にまで悩む始末。

 本書を目にするだけで、「あのショック」がビリッと来て、体中の血が冷えてくる。
 
 さてここで、ちょっとネタバレ。

 「本書を目にするだけで」と、私は書いた。
 ということは「本書の中身」ではなく「本書の外観にショックの理由がある」ということ。

 実は私が「ある最悪の真実」に気づいたのは、本を閉じた後。
 
 読了後、何となく謎を解いたものの「何かがひっかかるんだよな~」と本書を眺めていたら、「!!!!!」


 さらに「もしや」と思い、ある行動に出たところ、真相をきっちり確認。
 
 「最も重大な事件を起こした犯人」は、意外な場所にひそんでいたのだ。

 そして犯人判明と同時に、本書のタイトルが「いけない」という理由も、よくわかった。
 だって犯人が●●じゃ、「いけない!」って言いたくなるもの。

 大人としては・・・ね。
________________________________

 

■「いけない」あらすじ



 本書は4話からなる連作短編集。
 
 ある日、夫婦が交通トラブルに巻き込まれる。
 チンピラに人生を狂わされた夫婦は、妻が復讐を決心。
 後日、チンピラの一人が殺される。

ae17c1cd3b4754d2565b45212f7efb08_s.jpg


 警察は妻から復讐劇の真相を聞きだそうとする。

 その間、妻のもとには新興宗教の勧誘が。
 
 警察と宗教が激しく出入りするなか、ある事故が発生する。

 いったい誰が死んだのか。

 そして妻の復讐劇は、本当に果たされたのか?
_______________________

■「いけない」感想



 本書は章末の最後に、ヒントとなる写真が載っている。

 第1話では、舞台となる場所の地図。
 第2話では、事件を報じるテレビ番組の映像。
 第3話は、事件の様子を描いたメモ。
 そして最終話は便せんの写真だ。

 本書は短編集だが、それぞれがつながっていく群像劇。
 一見、関係ない話に見えて、第3話、最終話・・・と回を追うごとに、登場人物や事件同士のつながりが見えてくる。

 各章の謎解きにもワクワクするが、読むうちにチョコチョコとした小さな事件が、大きな事件を形作っていく様子は楽しすぎて悶絶。

 そして頭にさんざん汗をかいた後、本を閉じてさらに一押し。

 文章を読み「銅の解答」「銀の解答」にたどりついた後、「ある部分」に気づくと、思わず「アウッ」(←驚愕の悲鳴)。

 「ある部分」に基づき、もう一度読み直すと、見事「金の解答」に行きつくことができる。

1eb95c7057d9248d22fbac6f599774ff_s.jpg


 しかしこの「金の解答」は、非常に残酷なもの。
 わかった瞬間に肌が粟立ち、全身急冷状態に。
 さらに考察を進めると、「タイトルの奥深さ」にも震撼する。

 これだけ超絶技巧がほどこされたミステリーなのに、なぜ「いけない」という、シンプルな言葉なのか。

 それはきっと、一番の大罪を犯した人に合わせたから。
 犯人に対し、何らかの忠告をするならば、やはり「いけない」という言葉になってしまうからだ。
 (※あくまで私個人の見解です。)

 繊細な人は「銅の解答」「銀の解答」にとどめておくのが、おすすめ。

 打ちひしがれてもいいから「金の解答」にたどり着きたい人は、読み終えた後が勝負。

 読了後も、本書を解剖する勢いで読みつくせば、きっと震える。
 後遺症覚悟で、虱潰しに真相を究明していただきたい。 

詳細情報・ご購入はこちら↓

ノエル ~a story of stories~  道尾秀介

評価:★★★★☆

 「ねえトナカイ、お前はもちろん知ってるよね、我々が世界中に配っているこのプレゼントの中身を?」
「はい、サンタさん」
トナカイが得意げに答えました。
「わたしたちが配っているこのプレゼントが、人々にとってどれだけ大切なのかを知っているからこそ、毎年毎年こうして寒い中を頑張っているんです」

(本文引用)
______________________________

 表紙に藤城清治さんの絵がある。この絵の美しさと、物語の美しさはちょうど拮抗している。表紙から内容まで見事な小説だと、心底思う。

 この物語の「美しさ」には、2つの意味がある。
 
 ひとつは、さすが道尾秀介と言うべきか、読者をサラリと騙す美しさである。

 道尾作品には、しばしば読者を騙す仕掛けがあるが、氏の小説の良いところは、それが気持ちの良い「騙し」であることだ。
 「やられた!」と思いつつも、こんな風に騙されるのなら大歓迎と言いたくなる鮮やかさと爽やかさがある。
 そのなかでも、この「ノエル」の仕掛けは突出していると思う。



 そしてもうひとつの「美しさ」は、物語としての純粋な美しさだ。
 
 人を信じ、人を愛し慈しむ。そんな愛情が、この物語にはあふれている。

 大切な人が読書好きなら、この本をクリスマスプレゼントにしてみてはいかがだろうか(すでに読んでいるかもしれないが)。

続きを読む

透明カメレオン 道尾秀介

たとえ目に見えない透明な世界だったとしても、本気で願えば、人はそれに触れることができる。
(本文引用)
_______________________________

 道尾秀介の小説を読むには、覚悟がいる。なぜなら、最初から最後まで1ページたりとも気が抜けないからだ。
 物語終盤になって、序盤にチラッと登場した些細(に思えた)な出来事がポイントになってくる。ここで「そんなのあったっけ?」と思うか、「あー、あれってそういうことだったのか」と思うかで、俄然面白味が変わってくる。
 なので道尾作品を読む時は、一語一句目を離さず読むことが重要である。と言いつつ、いつも一本とられてしまうわけだが。

 そしてこの度の「透明カメレオン」は、まさにそんな道尾マジックの集大成。
 小説という「嘘の世界」の力をフルに生かして、いつも読者を驚かせてくれる道尾秀介。そんな著者が、「嘘」について書いたらどうなるか。
 突拍子もない「嘘」を心から信じた時、人の「真実」が見えてくる。


_________________________

続きを読む

カラスの親指 道尾秀介

 「あのですね。理想的な詐欺はですね、相手が騙されたことに気づかない詐欺なんですよ」
(本文引用)
______________________________________

 以前、育児や仕事で猛烈にストレスがたまったことがあった。
 そんなとき、家族があるクイズを出してきた。

 「あなたはイタリアンレストランを経営しています。そのレストランは客席が30ほど。基本的に全席予約制をとっています。
 オススメは自家製のパンチェッタと、石釜手作りピッツァ、本場マンマの味のトマトソースが評判のパスタ。ランチにはドリンクとサラダ、ジェラートもついてきます。ディナーのデザートはワゴンサービスとなっています。
 最近グランシェフが家族の介護で帰郷するために退職し、新しいグランシェフとしてアントニオを迎えました。そのアントニオは29歳という若さですが、ミラノの一流レストランで修業を積み、腕は確かと言われています。彼の手打ちパスタは絶品です。
 レストランの評判は上々で、今やイタリアで一番予約の取れない店と言われています。さて、このレストランの経営者は何歳でしょう?」



 ・・・すぐに答がわかった方もおられるだろうが、私は初めてこの問題を聞いたとき、それまでのストレスも手伝って「そんなこと、わかるわけないでしょ!」と怒りすら感じてしまった。しかし、答を聞いてビックリ。

 「あ~~~!そういうことか~!!」

 あまりに華麗に騙されてしまい、不思議と心がスッキリ。コロッと騙されたことで、驚くほど心が軽くなってしまったのである(まあ、金銭を騙し取られるなどの実害が伴っていた場合は、さらにストレスは倍増したであろうが)。

 前置きが長くなってしまったが、今回ご紹介する本は、そんな「スッキリ!」を存分に与えてくれるミステリー「カラスの親指」
 俊英・道尾秀介が放つ「どこまでホントでどこからがウソかわからない」・・・まるでマジックを見ているような不思議で素敵な物語である。
_______________________________

 主人公の武沢、通称タケさんは、相棒のテツさんと一緒に詐欺をしながら暮らしている。
 たとえば銀行で、大金をおろした客にタケさんが言葉巧みに近づき、さらにそれを「詐欺ではないか」と追い払いながらテツさんが近づく。そうして2人一組「嘘×嘘=本当(に見える)」のダブル攻撃で、日銭を稼いでいく。

 しかし2人には、途轍もなく壮絶な過去があった。
 薬漬けにされた妻、娘の死、借金取り立てによる債務者の自殺、今なお追いかけてくる債務整理屋・・・。
 2人は過去と帳尻を合わせるように、日々詐欺を繰り返しながら生計をたてる。

 そんなある日、2人は可憐な少女と出会う。
 しかし実は、彼女も詐欺師。スリをはたらいたり、中年男性からお金を騙し取ったりして過ごしているが、今現在は住むところにも困っているという有様だ。
 そこで武沢が仏心を出したばかりに、何と一戸の家に、5人と1匹が住むことになる。

 お金に痛めつけられた彼らは、ある大仕事を計画する。
 それは、タケさんを追い詰める債務整理屋から、大金を頂戴しようというものなのだが・・・?
_________________________________

 簡単に言ってしまえば、これは詐欺師の本だ。
 しかし、これは詐欺師を描いた本ではない。
 この小説自体が詐欺師。ページを開いたその瞬間から、読者とのゲームがすでに始まっているのだ。

 債務整理屋から大金を騙し取る仕事だけが、この小説の正念場だと思ったら大間違い。

 タケさんとテツさんとの出会い、少女との遭遇、家族にあてた手紙、登場人物の名前・・・全部が全部、登場する詐欺師たちによる一世一代の大仕事。
 真相が一枚一枚剥がされていくプロセスは、もう雷に打たれたような衝撃だ。
 しかもそれは雷だけではなく、雨も伴う。そのマジックの裏には、涙なしでは語れない秘密が隠されているのである。

 謎解きだけでなく、登場人物たちそれぞれの思いも入念に描かれており、帯に書かれた言葉通り、まさに「泣いて笑って驚いて」といった小説であった。う~ん、これはよくできてるねぇ・・・道尾さん、やっぱりすごいわ。

 ちなみに冒頭で挙げた引用は、マジックを得意とする同居人・貫太郎の言葉だ。
 さらに貫太郎は、詐欺とマジックの違いについて、こう続ける。

「マジックでは、相手が騙されたことを自覚できなければ意味がないのですよ」


 さて、この小説は、詐欺なのか?マジックなのか?私は騙されたことに気づいているのか?いないのか?
 読み終えて実に気分爽快になったものの、実はまだ真相が隠されているのではないかとモヤモヤしている。どうなの?道尾さん!


詳細情報・ご購入はこちら↓
【送料無料】カラスの親指 [ 道尾秀介 ]

【送料無料】カラスの親指 [ 道尾秀介 ]
価格:780円(税込、送料込)



映画もあります。↓

「背の眼」 道尾秀介

 「死よりもさらに恐るべき危険とは、多くの場合、世界と自分との関係の破綻にほかならない。理想と現実との、どうしようもない不一致-。それを思い知ることによって世界と自分との間に破綻が訪れる。そしてその破綻が訪れたとき、人は絶望する。生に絶望したとき、人は生からの逃避に向かう」(本文引用)
______________________________

 「この作家は来る!」・・・そう思わせる新人作家が、たまにいる。
 
 ただ過激な言葉を並べ、ただ感動的なストーリーを作り上げ、ただ話題性をねらった、などというレベルではない。
 品のある豊潤な言葉で、膨大な量の知識を巧みに操り、骨太のストーリー展開で読者の眼をページからそらさせない。
 おそらく、この作品が出版された時、「この作家は来る!」と多くの人に確実が思ったであろう。
 かくして、その著者は後にハイスピードで直木賞をはじめ数々の賞を受賞し、今や押しも押されもせぬ人気作家となった。

 ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作「背の眼」
 道尾秀介のデビュー作である。
_____________________________

 主人公は若き小説家・道尾秀介。
 道尾はある日、ふと旅に出たくなり、東北の温泉宿に出かける。
 行き先は白峠村。料理が美味く、眺めが最高とのキャッチコピーに惹かれての旅だった。

 しかしそこでは、数年前から陰惨な事件が起きていた。
 何人もの幼い少年が行方不明になり、うち1人は首だけの死体があがっているという。
 そしてまた、それと併行するように不可解な事態が発生していた。
 白峠村付近で撮影された写真の人物の背中に、次々と眼のようなものが映りこみ、その人物はことごとく自殺してしまっているというのだ。




 その謎に出会った道尾は、旧友である心霊探偵(?)真備庄介とともに解明に乗り出す。

 連続殺人事件はなぜ起こったのか?背中に映った眼は、いったい誰の眼なのか?
 この村には、いったい何が隠されているというのか?
________________________________

 まず驚いたのが、プロットの緻密さである。

 この物語の謎は、「背中に写りこんだ眼は、誰の眼なのか」「その眼が写ってしまった人は、なぜ自殺してしまうのか」であるが、何より最大の謎は「なぜ連続殺人事件は起きたのか」である。
 
sirotougekawa.jpg
 作品では、主にその謎について、登場人物たちの過去の言動や村に伝わる慣習など実に数多くの伏線から、真相が徐々にあぶりだされていく。
 
 家族を亡くした旅館の主人、被害者の少年の祖父、孤独のなかで死んでいった認知症の母と息子、事件の鍵をにぎる小学生、村中の誰もが知る天狗伝説・・・。

 彼らが無意識で起こした行動や発した言葉、そして村の歴史などを振り返りながら1つひとつ確実に謎を解いてゆく様は、すでに完成しているジグソーパズルを壊し、再び自らの手で1つひとつピースを当てはめていくような、たまらない快感を与えてくれる。


 それは、ホラーとミステリーが見事なまでに融合しているせいだろう。
 ホラー小説なのだから、もう少し不条理なこじつけや曖昧さがあっても許されるところなのに、道尾氏はそうはしなかった。
 全ての謎に対し、ほぼ完璧なまでに納得のいくタネ明かしをしており、もはやホラーの枠にはおさまらない、れっきとしたミステリー小説といえる。
 たしかに憑依現象などは、純粋なミステリーでは禁じ手といわれるかもしれないが、プロットの緻密さがそれを補って余りある説得力を引き出している。いや、本当にこれは見事としか言いようがない。

 ちなみに、道尾氏がこの作品をもってホラーサスペンス大賞に応募したのは、選考委員に綾辻行人氏が加わったためだという。綾辻氏の「霧越邸殺人事件」のミステリとオカルトのバランスの素晴らしさから、綾辻氏に読んでもらいたいがために本作を投稿したらしい。
 結果、矢は見事に的を射抜いたといえるだろう。


 さらに注目すべきは、その文章のうまさだ。
 理屈では説明できない超常現象を扱っているにもかかわらず、妙にストンと腑に落ちる説得力。クセのない流麗な文体。とくに驚いたのは、全くと言ってよいほど手垢のついた表現がないことだ。
 以前、「小説すばる」で道尾氏は、「あまり本を読んでこなかった」と語っていたように記憶しているが、それならばよほどの天才か、「本を読む」というレベルが途轍もなく高いかのどちらかであろう。(両方かもしれないが)

 「この作家は来る!」・・・そう思わせて10年も経っていない俊英・道尾秀介は、すでに「道尾秀介」というジャンルを作りつつある巨匠への階段を昇っている。
 しかし、どこか世の中を斜めに見ているような道尾氏は、その階段を自ら壊し、新しい階段を作りながら進んでいくのだろう。

 その階段の一段目であった当作品「背の眼」
 本作品が世に出た瞬間、それは、時代に背を向けながらも、両の眼で時代を見据える “天賦の才をもつ異端児”が産声を上げた瞬間だったのだ。

詳細情報・ご購入はこちらから↓
 


プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告