このカテゴリーの最新記事

「52ヘルツのクジラたち」あらすじ感想。子ども置き去り事件に照らし、嗚咽した一冊。

その声は広大な海で確かに響いているのに、受け止める仲間はどこにもいない。
(本文引用)
__________________________

 東京・大田区で、3歳の女の子が、自宅に放置され亡くなった。
 力いっぱい泣いたのだろうか。
 叫びつづけたのだろうか。

 でもその声は届かず、あまりにも悲しい結果となった。

 今回の報道を聞き、大阪二児置き去り死亡事件を思い出した人も多いであろう。
 
 当該マンションでは、その後、住民同士が互いに気にかけあうよう努めているという。
 
 ただ加害者を責めるのではなく、その事件をもとに対策を練っていくという姿勢に、心を打たれた。

 
 「子ども置き去り事件」を聞くたびに、私自身も「声なき声」に耳を傾けねばならないな・・・と感じ入る。

 児童虐待に限らず、お年寄りの単身世帯等にも心を寄せ、「何かおかしい」とキャッチする力を養っておくべきだろう。

 そこでおすすめしたいのが、「52ヘルツのクジラたち」。
 タイトルだけ聞くと、「児童虐待とどう関係あるの?」と思うかもしれないが、このタイトルこそが「虐待の根深さ」を物語っている。

 苦しみ、悲しみ、寂しさ、絶望にあえぎ、力いっぱい叫びながら死んでいった子どもたち。
 
 本書を読むと、そんな子どもたちの心に、思いを馳せずにいられなくなる。

続きを読む

「プリズン・ドクター」感想。ちょっと驚くほど面白かった掘り出し物!ドラマ化してほしい!

「千歳刑務所の受刑者は、ある意味で全員、俺と同じなんだよ。だからどうしても、無視できない。適当に済ませられない」
(本文引用)
__________________________

 日経新聞で紹介されていたので購入。
 
 こんな言い方は失礼かと思うが・・・ちょっと意外なほど面白かった!
 
 主人公は刑務所の医師。
 刑務所で、受刑者の健康を気遣い、病を治し、死を看取る医者だ。

 患者はいずれも特殊な事情を抱えているだけに、「病気」も「死」も真相は藪の中。
 誰もが匙を投げかけた時、「わかったー!」とばかりに真相が明らかになる展開は、読んでいて実に痛快だった。

 「著者の岩井圭也さん、初めて読む作家さんだけど、これからどんどん読んでいきたいなぁ」

 
 「プリズン・ドクター」は本気でそう思わせてくれる、「ちょっと驚くほど面白い」一冊だった。 

続きを読む

「土に贖う(あがなう)」感想。価格がつけられない魂激震小説。絶望と希望をわける生き方とは?

 「新しく作るべきものが見えたとして、磨かれるべきものと自覚できたとして、それを成す力が、技術が自分になかったら、俺は、どうしたらいいんだろう」
(本文引用)
__________________________

 久しぶりに「価格をつけられない本」に出会い、読了後1日経ってもドキドキしている。
 自分の足元というか全身というか、魂レベルで揺さぶられる「自分史上最強の激震小説」だった。

 新田次郎文学賞受賞とのことだが、「本書が何かしら賞を獲るのは当然、獲らなければおかしい」とすら思う。
 
 北海道の産業の、栄枯盛衰を描いた短編集。
 養蚕、ハッカ、羽毛、レンガ・・・。

 自分の体が動くかぎり、この仕事があるかぎり、幸せは続くと思っていた者たち。
 自分の体が動くのに、「食べられなくなる日が来る」なんて、夢にも思わなかった者たち。

 未来が闇と化した時、人はどこまで人でいられるか。
 絶望のままの人生と、希望を見出す人生は、どこが違うのか。


 地獄を見そうになった時、さて、自分ならどうするか。
 
 「自分」という人間、そして「自分の人生」を試されるような一冊だった。 

続きを読む

「君たちは今が世界(すべて)あらすじ感想。コロナ禍でわかった「たいした大人ではない大人」像。

「皆さんは、どうせ、たいした大人にはなれない」
(本文引用)
______________________________

 難関私立校入試で、取り上げられている一冊。
 入試や模試で採用される本は、たいてい「読んで良かった!」と思える本なので、迷わず購入した。

 読み終えてしばらく経つが、日に日に本書のメッセージが深く深く身に沁みていく。

 本書のカギは「皆さんは、どうせ、たいした大人にはなれない」という言葉。

 コロナ禍の今、「たいした大人になれなかった大人」というものが、残酷なほど浮き彫りになったのではないか、とゾッとしているのだ。

 さて本書が言う「たいした大人ではない大人」とは、どんな大人なのか。
 「どうせ、たいした大人にはなれない」と言われた子どもたちは、いったい何をしたのか。


 新型コロナで取沙汰されている問題とも重なるため、今、ぜひ読んでおきたい一冊だ。

続きを読む

「罪人の選択」あらすじ感想。読書人生最大に悩んだ傑作ミステリー!さぁ~、みんなで考えよう!

 「罪人ってのは、魔に魅入られたように間違った方を選んじまうらしい」
(本文引用)
______________________________

 外出自粛で、推理クイズや「頭の体操」などを読んでる人も、多いのではないだろうか。

 そんな人におすすめなのが、貴志祐介「罪人の選択」。
 4編から成る短編集だが、とにかく表題作「罪人の選択」を読んでほしい。

 「毒が入ってるのは、焼酎か缶詰めか?」
 
 自分が「どちらかを選ぶ気分」になれば、読書時間がグッと濃密に。
 ちなみに私、この「罪人の選択」の問いに悩みに悩み、早く答を知りたい(=読み進めたい)がために・・・朝4時に起きました

 
 外出自粛で退屈~と思ってる人は、この「罪人の選択」必読。
 「酒か、缶詰めか、どちらを選ぶか」で悩みに悩み、「コロナ鬱」になってる暇などなくなるだろう。

続きを読む

「フィッターXの異常な愛情」あらすじ感想。令和最大の掘り出し物!外出自粛の鬱々な日々がサッと明るくなる快作。

 「人生もブラも山あり谷あり、その曲線こそが素晴らしいんです」
(本文引用)
______________________________

 ずばり令和最大の掘り出し物!
 「こんなに素敵な本、何で読まなかったんだろう」と地団駄踏んだほどだ。

 2月に書店に寄った際、新刊でもないのに、書店で平積みされており、「これは!」と直感して購入。
 (※人気作家・新刊ではない「文庫」が平積みされている場合、「書店員おすすめ」である可能性大。)
 最近、コロナ感染書籍ばかり読んでいたため、気分転換にようやく読みはじめた。

 読んで大正解。
 「この本を選んだ自分を褒めてあげたい」と、有森裕子さんの顔を思い浮かべながら、最後のページを閉じた。


 32歳の女性が、ひょんなことからランジェリーショップへ。
 そこには「どん底」の人生をフワリと浮かび上がらせる、魔法の男性フィッターが・・・。

 恋愛、結婚、家庭、仕事、そして「人生最大の危機」・・・。

 彼女たちは下着から、どんな幸せを見つけ出すのか。

続きを読む

「おっぱいエール」感想。若年性乳がんの女性3人組が日本にエール!控えめに言って最高の一冊。

抗がん剤の副作用も心配だし、それが無事終わったところで、その先にはまだ光すら見えなくて、たくさんの困難が待ち構えているに違いないのに-でも、その最中に、大切な人の笑顔に出会える瞬間があるのだとしたら、やっぱりそれは、「悔しいけれど、おもしろい」に違いない。
(本文引用)
______________________________

 今までこれほど元気が出た小説は、ない。
 
 その「元気」も、ただ「やるぞー!」という単純なものではなく・・・なんだろう?
 今後、どんなマイナスなことが起きても、とにかく生きるだけ生きていけるような、這ってでも生きていけるような、予想外の緊急事態に直面しても静かに笑顔をたたえていられるような・・・。

 何があっても自分を見失わず、人を貶めることなく、一個の尊厳ある人間として立っていられるような。
 何があっても、一筋の光に大きな希望を見出せるような。

 そんな「心の奥深くからの元気」を、本書は私に贈ってくれた。

 これほどの感動が、私の人生にまだ残っていたなんて。

 
 「おっぱいエール」、最高だ。
 どんなに控えめに言っても、最高としか言いようのない小説だ。

続きを読む

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告