このカテゴリーの最新記事

なぜ原田マハさんの「生きるぼくら」を読むと「生きる力」がわいてくるのか。

評価:★★★★★

  「自分の力」を信じて、とことんつき合ってあげなさい。――自分自身に。
(本文引用)
______________________________

 「小説が「生きる力」をくれることって、本当にあるんだな」――原田マハ著「生きるぼくら」を読むと、改めて「小説の力」の偉大さにひれ伏したくなります。

 生きる力を失っている時というのは、自分の人生を否定している時。

 たとえば自分の人生を誰かと比較して、自分の人生を卑下してしまう。自分の人生の悪い点ばかり目に行ってしまう。
 
 そうなると人生を放棄したくなり、生きるパワーがなくなってしまいます。

 でも「生きるぼくら」を読むと、「自分の人生は、実は幸せなところがたくさんある。生ききる価値がある」と心から思えます。




 自分の人生の足りないところにばかり目を向けて、嘆くのではなく、自分の人生は本当はこんなに満ち足りていると考える。
 「生きるぼくら」は、そのように方向転換ができる小説です。

 小説というのは、時として本当に生き方を変えてくれるんですね。
_____________________________

「生きるぼくら」あらすじ



 主人公の麻生人生は24歳。
 高校時代に苛烈ないじめを受けて生きる気力を失い、ずっと自室に引きこもっています。

 人生の両親は離婚しているため、母親が懸命に働き人生を養いますが、ある日、母親が失踪。
 母親は人生に年賀状の束を残し、その中から自分を助けてくれる人を探すよう書き置きます。

 人生は途方にくれますが、一通だけ自分を助けてくれそうな年賀状を発見します。

 差出人は父方の祖母。

 年賀状によると、祖母は余命いくばくもない様子です。

 人生は少ない所持金で、何とか祖母のもとへ。

ea4a292a2c0fc0f6d067b10ddd39f63b_s.jpg


 人生はそこで米作りを始めるのですが、祖母の様子がおかしくなり・・・?
________________________________

「生きるぼくら」感想



 「生きるぼくら」の素晴らしさは、登場人物全員がみごとに成長する点です。

 どのように成長したかというと、自分の人生を絶対評価し、肯定できるようになるんです。

 「生きるぼくら」には、心に大きな闇を抱える若者が何人か登場します。
 そんな彼らの共通点は「自分の人生を否定しつづけてしまっている」ことです。

 他人による評価に目を奪われ、自分の人生を価値のないものとしてしまう。
 自分のありのままの人生を認めることができず、見当違いな就職活動をしては、ますます自信を失っていく。

 本当は長所がたくさんあるはずなのに、彼らはそこから目を逸らし、自分をどんどん追い詰めてしまいます。

 そんな彼らが、お米作りを通して「自分の底力」「自分の人生の長所」に気づきはじめるのですが、そのプロセスが実に爽やか。

821fc8071138b9ce65c34ce2f1c5d091_s.jpg


 あれほど自分にも他人にも後ろ向きだった主人公が、己の人生を愛せるようになると、他人の存在や他人の人生をも愛せるようになるんです。

 他人を愛するためには、まず自分を愛することが必要とは聞きますが、本当にそうなんだなーと改めて思いました。

 最近、マウンティングなどといった言葉をよく聞きますが、1人ひとりが「自分の人生を愛すること」を心がければマウンティングなんで起こらないはず。
 また、たとえマウンティングされても気にならないはず。

 自分の人生の長所を見つけることができれば、生きるのが楽しくなる、生きる力がわいてくるのは当然なんですね。

 「生きるぼくら」を読んでいたら、今までいかに自分が「自分の人生の短所」ばかりに目を向けて、イライラモヤモヤしていたかがわかりました。

 読み終えた今は、気分爽快。

 自分の人生の良いところを1つひとつ数えては、「私の人生、こんなに素敵なところがあるじゃない」と思えるようになりました。これは結構革命的かも。

 もしも今、「何だか力がわかないな~」と感じていたり、「私なんてあの人に比べたら・・・」とドンヨリしたりしていたら、騙されたと思って「生きるぼくら」を読んでみてください。

 「私、結構いい人生じゃん!」と思えて、体の奥から生きる力がわいてきますよ。

詳細情報・ご購入はこちら↓

暗幕のゲルニカ  原田マハ 

評価:★★★★★

アートの力で、世界を変えていく。君には、それができる。
(本文引用)
_____________________________

 直木賞をとろうがとるまいが、今、読むべき小説なのだと思う。

 7月1日夜、バングラデシュの首都ダッカでテロが起き、日本人7名が死亡した。 3日にはイラクの首都バグダッドで爆弾テロが相次ぎ、約90人が死亡した。先月は、米国フロリダ州で銃乱射事件が起き、100人以上が死傷した。

 世界の至る場所で無辜の市民が次々と殺される今、このような小説が幅広く読まれていることには、大きな意味と価値を感じる。
 美術と文学、すなわち芸術は、本当に世界を変える力があるのかもしれない。



続きを読む

「楽園のカンヴァス」

 それは、奇妙に現実的な、現実よりももっと現実的な夢なのでした。頬を打つシダの葉のやわらかさ、裸足の裏に触れる蛇のぬらりと濡れた皮膚、うっそうとした緑が放つ息苦しいほどの濃い空気、腐り落ちる果物の甘くただれた匂い、花々が飛ばす花粉のくすぐったさ、何もかもすべてが、そこにあって、ここにないのでした。
(本文引用)
_______________________________

 先日、自宅で観たディズニーアニメ「不思議の国のアリス」に、こんなセリフがあった。

 「私の世界には、無意味なものしかないの。
 だって本当にないものが本当はあって、
 本当にあるものは本当にはないけど、本当にないものが本当はあるの。
 私の世界では、猫だってちゃんと『はい!アリス』っていうのよ」


 そうして無意味な世界に迷い込んだアリスの冒険は、かつて多くの人の心をつかみ、今もなお魅了しつづけている。

 そして、この小説に描かれた世界も、本当はあって本当はない、本当はなくて本当はある、無意味な世界なのかもしれない。
 しかしそれは、アリスの冒険同様、読者の心を力強くとらえる、実に甘美で魅惑的な世界なのだ。

 第25回山本周五郎賞受賞作「楽園のカンヴァス」
 このアンリ・ルソーをめぐる美術ミステリーは、カンヴァスに広がる“無意味な世界”の謎と魅力に迫る、虚実を超えた傑作だ。
____________________________

 主人公・早川織絵は、岡山県の美術館で監視員を務めている。大好きな絵画を一日中見つめていられることで、彼女は充実した日々を過ごしていた。
 そんなある日、織絵は館長に呼び出される。



 本館で企画しているアンリ・ルソー展に向けて、MoMA(ニューヨーク近代美術館)からルソーの代表作「夢」を借りたい。
 しかし、世界中の美術館にとって垂涎ものの「夢」のこと。MoMAもただで貸すわけにはいかない。
 そこにはたった1つ、条件があった。

 「オリエ・ハヤカワを交渉の窓口にすること」。

“一介の監視員”である織絵に、美術館の命運を左右する役目を課せられたのだ。
_______________________________

 なぜ織絵に、白羽の矢が立ったのか。
 実は織絵には、その条件を出してきた男と面識があった。
 MoMAチーフ・キュレーター、ティム・ブラウン。
 実は十数年前、織絵とティムは、ある争いを繰り広げていたのだ。
_______________________________
 
 それは、世界的美術コレクターから出された課題。
 彼がもつルソー最晩年の大作「夢をみた」の、真贋を見極めてほしいというのだ。
 見極める材料は、ルソーの人生を語った1冊の本のみ。
 全7章からなるその本を、1章ずつ交互に読んで真贋を判断し、より優れた講釈を述べたほうに、この作品のハンドリングライト(取り扱い権利)を譲渡するという。
 
 制限時間は90分。
 期限はたった7日間。
 作品は、本物か?偽物か?
 ハンドリングライトは誰の手に?

 -今、決戦の火蓋が切って落とされる。
_________________________________

 さすが「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」で2012年上半期1位をとっただけあり、文句なしに面白い。
 しかも面白いだけでなく、知的高揚感とでもいうのだろうか、読んでいてちょっと優雅な気持ちになり、この謎に立ち会える自分がセレブリティであるかのような錯覚にすら陥る。

 多くの「名作」といわれる芸術作品は、すでに主を失っているために、塗り重ねられた油絵の具のごとく謎が謎を呼び、尽きることがない。
 そんなアートを扱うミステリーなのだから、もっと暗がりの中を這うようなおどろおどろしい雰囲気を持ち合わせているのかと思っていたが、読後は非常に爽やか。
 勝負とはいえ、真に絵画を愛する者たちの交錯する様は、実に高尚で美しい。
 謎の裏に潜むその上品さが、この作品の大きな魅力だろう。

 それにしても300ページ弱とそれほど大長編というわけでもないのだが、芸術の酸いも甘いも凝縮された濃厚さがある。
 これほどの作品が描ける作家とは、さぞかし美術に造詣が深い人物なのだろう。

 ・・・と思っていたら、著者原田マハ氏は大学の美術史科を卒業後、マリムラ美術館や森美術館などに勤務。森ビル在籍時には何とMoMAに派遣勤務し、当作品の主役「夢」を毎日見ていた時期もあったという。正真正銘、絵画のプロなのだ。(「楽園のカンヴァス」著者略歴、「ダ・ヴィンチ」インタヴューより)
 さらにルソーと名のつく展覧会には全て行っているというのだから、美術およびルソーへの愛情は半端ではない。

 それほど愛情を込めて書かれた作品を、こうして読むことができたとは、何だか私が「楽園のカンヴァス」という芸術作品のハンドリングライトを渡されたような気持ちになり、いささか恐縮してしまう。まるで夢のようだ。

 いやまさか、この本を手に取ったのは夢なのか?
 本当にはあって、本当にはない世界なのか?
 もし、この本を読むことができたのが夢ならば、どうか覚めないでほしい。
 いやできれば、「夢のような現実」だったことを切に願う。
wineandflower.jpg



詳細情報・ご購入はこちら↓
【送料無料】楽園のカンヴァス

【送料無料】楽園のカンヴァス
価格:1,680円(税込、送料別)

プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告