このカテゴリーの最新記事

バレエとどんでん返しが好きな方に!秋吉理香子最新刊「ジゼル」。

評価:★★★★☆

自分が復讐の女王ミルタを踊る。運命としか思えなかった。
(本文引用)
______________________________

 やってくれますね~、秋吉理香子さん!
 私のなかで、「どんでん返しの女王」に決定!

 湊かなえさんや芦沢央さんなど、最近は鮮やかなどんでん返しを見せてくれる作家が増えましたが、ここへきて秋吉さんが一歩リードした気がします。

 実は終盤、真相が明かされる局面では、かなり肩透かしをくらった感じだったんです。
 正直、この本を買って失敗だったかな?とも思ったほど。

 でも、最後の最後で完全に想定外の真相が現れ、満足度が200%アップ!

 「そんな真相、わかるわけないでしょ!」と言いたくなるラストともいえるのですが、「そんな真相も、確かにあり得るよね」とも言えるエンディング。




 物語の深みという点では「サイレンス」に軍配ですが、驚愕!という点では「ジゼル」が上かな。

 バレエの演目と重なるように、連続不審死事件が起こる展開も見事です。

 最後まで、バレエもミステリーもどっぷりと楽しめました!
___________________________

■「ジゼル」あらすじ



 主人公の花音はバレリーナ。
 世界的プリマを目指し、日々レッスンに励んでいます。

4fe5e6715cd2680a0b9d69e3953c7673_s.jpg


 花音が所属する東京グランド・バレエ団では、ある演目がタブーとなっています。
 それは「ジゼル」。

 多くのバレエ団では定番とされている演目ですが、東京グランド・バレエ団では禁忌。
 それは15年前、「ジゼル」で主役を演じる女性が、不幸な死をとげたからです。

 ところがこのたび、東京グランド・バレエ団で「ジゼル」を演ることが決定。

 ジゼル役は、バレエ団の総裁の娘であり、美しき天才バレリーナでもある紅林嶺衣奈。
 パートナーのアルブレヒト役は、嶺衣奈の夫であり監督でもある蝶野幹夫が務めます。

 ところが本番に近づくにつれ、バレエ団を次々と不幸が襲います。
 様々な事件・事故で配役が代わり、そのたびに喜びと嫉妬がうずまくことに。

 さて東京グランド・バレエ団は、無事に本番を迎えることができるのでしょうか。
________________________________

■「ジゼル」感想



 この「ジゼル」、とにかく構成が「うまい!」です。

 復讐と嫉妬、憎悪がうずまく「ジゼル」とからめ、バレリーナたちの倒錯する人間模様を丹念に描写。
 その二重構造のおかげで、バレエもミステリーも存分に味わうことができます。

 特に前半、「ジゼル」の解釈をめぐるミーティングの場面が秀逸。
 バレエ小説ということで、バレエのレッスンの厳しさや美しさが描かれているのかと思いきや、ストーリーの解釈に重きが置かれており、それが小説全体に深みを持たせています。

 あの登場人物は、自死だと思う? 殺人だと思う?
 なぜ彼は、愛する人にそんな仕打ちをしたと思う?
 どうして彼女だけ、そんな行動をとったのだろうか?

 「ジゼル」の解釈をめぐり、バレエ団のメンバーたちは自由に意見を交わしますが、それが一連の不審死事件と見事にからんでいるんです。

b17464a6cab2dbf85d45ef2465897e05_s.jpg


 そしていよいよ真相に近づくわけですが、あれれ? それはちょっと肩透かしな感じ。
 秋吉理香子さんにしては、ずいぶんマイルドに仕上げたな~と、正直に言って不完全燃焼でした。

 が、さすが秋吉理香子さん!
 読者をただでは帰しません。

 「そういえば、あの真相は何だったの? あれはもういいんかな?」なーんて思っていたところに、意外なカウンターパンチ。

 ミステリーの次代の名手は、秋吉理香子さんに決定ですね、これは。

 芸術面、ミステリー面、そしてエンタメ面どれをとってもサービス満点、お腹いっぱいの一冊。

 バレエとどんでん返しが好きな方に、おすすめです!

詳細情報・ご購入はこちら↓

闇鍋の中身が衝撃的だった・・・映画「暗黒女子」感想

 昨日、映画「暗黒女子」を観てきました。

 「暗黒女子」原作の感想はこちら

17630077_351616491902611_4229299691968747513_n.jpg


 小学生の娘が観たがったため観賞したのですが、原作よりかなりエグい!

 原作を読んでいたためラストはわかっていたのですが、映画ではさらにラストのラストがあり、背筋が凍りつきましたね。

 観賞後、子どもが「怖かったね~。 原作と同じだった?」と聞いてきたのですが、私は何と答えていいものやら。

 「うん、同じといえば同じなんだけど、違うといえば違うかな」

 とだけ答えておきました。

続きを読む

秋吉理香子「暗黒女子」。闇鍋の中身と結末は?映画も観てきます!

評価:★★★★★

 どんな闇鍋も同じだと思うけれど、「ネタバレ厳禁」が鉄則よ。
(本文引用)
______________________________

 4月1日から「嘘つきroadshow」として映画公開される「暗黒女子」。
 映画化されるということは「暗黒女子」がそれだけ面白いということですよね。
 
 「暗黒女子」が面白いとされる理由は、ずばりこれ。
 「また読み返したくなる」「読み返さずにいられなくなる」ということです。

 「暗黒女子」を読んだ方は必ず、衝撃的な結末にしばし呆然となった後、1ページめから再びページをめくるようになるでしょう。

視覚を奪われたなかで、嗅覚、味覚、聴覚、触角はどう反応するのか。五感を磨き、そして裏切り、解き放つ。それこそがこの闇鍋会の趣旨だと、わたしは理解しているの。



 そう、この小説は読者も五感を研ぎ澄ませないといけません。

 少女たちが囲む闇鍋からは、いったいどんな真実が出てくるのか。それを箸かお玉ですくいあげることができるのか。あなたも挑戦してみませんか?

続きを読む

ネタバレ禁止!秋吉理香子の「サイレンス」は、意味がわかるとメチャクチャ怖い。

評価:★★★★★

 「なんだかこの島・・・・・・怖い」
(本文引用)
______________________________

 「意味がわかると怖い話」というものがある。
 
 やめておけばいいのに、わざと何度も読み返してはゾッとする感覚を楽しむ。
 「意味がわかると怖い話」は、そんなマゾ的な快感を呼び覚ます。

 秋吉理香子の新刊「サイレンス」は、まさにそんな物語。

 終盤に向かうにつれて、足元から少しずーつ少しずーつ戦慄が走り、読み終えた瞬間に再度ページをめくりなおし、恐怖は頂点に達する。



 「意味がわかると怖い話」は短いほど良いと思い込んでいた。しかし、長編小説になると、これまたシビれるほど面白い。
 見逃していた小さな小さなパーツや何気ない会話が、最後に大きな岩となってドーンと頭にぶつかってくる。

 「サイレンス」は、そんな衝撃を与えてくれる傑作だ。



●あらすじ


 主人公の深雪は、新潟の離島に生まれ育つ。

 幼い頃から美人と評判だった深雪は、アイドルを志してオーディションを受けるが、両親が東京行きを許してくれず断念。
 必死に勉強をして、晴れて東京の大学に進み、現在は人気アイドルのマネージャーとなっている。

 そのうち深雪は、大手広告代理店のプロデューサー・俊亜貴と交際を始めるが、彼はなかなか結婚を切り出さない。

 30代後半を目前とした深雪は業を煮やし、ついに俊亜貴を実家に連れていくことを決意。
 東京生まれのお坊ちゃんである俊亜貴は、深雪の故郷の風習に気疲れし、結婚をためらう。

 そしてある朝、深雪が目覚めると、俊亜貴の布団はもぬけの殻になっていた。



●「サイレンス」のここが面白い!


 「サイレンス」の魅力は、ミステリーということを完全に忘れさせる内容なのに、全体が完全なるミステリーになっている点だ。これは相当高度な技である。

 東京と田舎の風習の違い、どうしても東京に出たい深雪の苦悩、俊亜貴の狡猾さ、深雪の家族や幼馴染たちの交錯する思い。
 どれも大きくうなずけるものばかりで、物語として純粋に楽しめる。
 
 しかし、時々、ミステリーの小さな芽がポツポツと顔を出す。

 まるで「ミステリー小説であることを忘れないでね」と忠告をしてくるように、不穏な影がページにさす。

 それでもなお、なかなかミステリーらしさを見つけられないままラストに一気に向かっていくと、最後の最後で「ミステリー」という名の巨岩が落ちてくる。
 「ほら、だからミステリーって言ったでしょう?」と、読者を嘲笑うかのように・・・。
 
 ストーリーを素直に追っているだけでは、なかなか見つけられないであろう「ある疑念」と「その答」。
 
 その2つに気づいた時、読者はきっと本書をあわてて読み返すことだろう。



●まとめ


 実は秋吉理香子氏の小説は、初めて読んだ。
 評判は聞いていたが、「若い人向けかな?」と思い、やや敬遠していたのだ。

 しかし本書を読み、私はおおいに損をしていたことがわかった。

 ここまで高難度な技をみせてくれる作家とは思わなかった。

 遅ればせながら、これから過去のヒット作「暗黒女子」や「聖母」などを読んでいくつもりだ。いや、読書好きとして、これは読まねばならない。今、そんな焦燥感に猛烈にかられている。

 秋吉理香子氏の最新刊「サイレンス」。
 「意味がわかると怖い話」や「読み返したくなるミステリー」が好きな方、そして秋吉理香子の小説をまだ読んでいないという方には、自信をもってお薦めする一冊だ。

※ドラマ化希望!勝手にキャスティング

深雪:深田恭子
俊亜貴:窪塚洋介
達也:高橋一生
朋子:相武紗季


詳細情報・ご購入はこちら↓
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告