このカテゴリーの最新記事

映画「フォルトゥナの瞳」感想。原作のイメージどおりでビックリ!志尊淳君がかっこよすぎた。

 映画「フォルトゥナの瞳」を観てきました。

52816391_709762826087974_7060704524117213184_n.jpg


 原作がとても面白かったので(私は平成版「塩狩峠」と呼んでます)、映画も楽しみでしたが、とーっても面白かった!
 (原作のレビューはこちら

 とにかく配役がイメージどおりなので、ストーリーにググーッと入り込めました。

 でも「あの役」に、ちょっと意外な俳優さんも。

 DAIGOさんの役は、ある意味ピッタリ、ある意味フシギ。
 めちゃくちゃ良い人そうなDAIGOさんの「違う面」も見ることができて、何だかウフフな気分になりました。

 そしてこの映画、とにかく志尊淳君がメチャクチャかっこいいです!!!
 「帝一の國」の光明と、同じ人物とは思えない・・・。(「女子的生活」と同じ人物とも・・・)

 

 そういえば「帝一の國」の出演陣インタビューで、「志尊君はいちばん男らしい」という話が出ていましたが、「フォルトゥナ~」を見て納得至極。

 今まで「可愛い」というイメージを持っていましたが、もう完全に「かっこいい!」にチェンジ
 もっと志尊淳君を見ていたい・・・とウットリしてしまいました。

 今までになく骨っぽい志尊淳君。
 一度観る価値がありますよ!

 お医者さん役の北村有起哉さんもピッタリ。
 「あ~、こういうお医者さんなら、そういうこと言いそうだな~」と、絶妙なキャスティングにうなりました。

 原作も非常に読みやすいですが、映画もストーリースッキリ。
 「何か面白い映画観たいな~」「彼女を映画に誘いたいんだけど、とりあえずどんなのがいいかな・・・」なんて悩みをお持ちなら、まず「フォルトゥナの瞳」を観てみては?

 ハズれることなく、誰でも素直に楽しめる作品なのでおすすめですよ。

 パンフレットも、ストーリーに関連した「ある工夫」がされているので、上映後も話がはずみます。
 デートにはピッタリなんじゃないでしょうか。

 そうそう、主題歌がワンオクなのも(私にとっては)嬉しいところ。
 ニューアルバム「Eye of the Storm」の一曲が使われています(さてどれでしょう?)。



 ワンオクファンの方も、ぜひご覧になってみてください。
 (ちなみに上映前の予告では「キングダム」で「Wasted Night」も聴けますよ)

映画「七つの会議」観賞。組織と正義どちらを選ぶ!?劇場全体が息をのんだ2時間。

 映画「七つの会議」を観てきました。

IMG_3773.jpg


 もともと原作が大好きなので、期待して観ましたが・・・。
(※「七つの会議」原作レビューはこちら

 結論。

 期待をグーーーーーンと上回る傑作

 原作の「言いたいこと」をしっかり煮詰めに煮詰めて、さらにわかりやすく伝わるように、丁寧に丁寧に作られた印象。

 飽き・ムダのない展開で、最初から最後まで劇場全体にピーンとした緊張感が。

 観客が皆、「ゴクリ・・・」と息を飲んでいる様子がヒシヒシ感じられました。

 観て本当~に良かったです(^^)

 この映画、まずキャスティングがナイス

 「居眠り八角」役の野村萬斎さんが、「池井戸イズム」をしっかり体現しており、ただただ感動。

 実は私、原作を読んだ時点では、八角さんについて「脂肪のつきまくった、だらしなくて臭いおじさん」というイメージがあったんです。

 でも野村萬斎さんは「おじさん」ぽくないし、スッキリ・こざっぱりした印象があります。

 だから「八角さんに合わないのでは?」なんて思っていたんです。

 ところが野村さんの演技は、「原作以上に八角らしい八角」
 
 救いようもないほどグウタラしてるのに、心の中には正義の炎がメラメラ。

951d4c837c2ccf59e39d9391fe5346ff_s.jpg


 その姿はまるで、酔拳で相手を倒すジャッキーチェン。

 野村萬斎さんの怪演は、居眠り八角の二面性を見事に表現していました。

 そして八角にからむ北川部長・香川照之さんがまた最高!

 冷酷なようで悪者になり切れない、わりとガラスのハートの持ち主。

 徐々に「大切なもの」を取り戻していく心の変遷を、香川照之さんは天下一品の“顔芸”で、私たちに伝えてくれました。

 さすがです。

 及川光博さんも、相変わらず「優しさ」がにじみ出た演技でス・テ・キ
 
 一見、事なかれ主義に見えて、「誰かを守るためには、やるときゃやる!」。
 そんな硬軟併せ持つ人柄を好演されていて、観ていて非常に気持ちよかったです。

 及川光博さんって、本当に良い人なんだろうなぁ・・・。

 そして一番「役柄ピッタリ!」と吹き出したのが、オリエンタルラジオの藤森さん
 (一緒に観ていた娘も「ハマってたね」と絶賛)

 「七つの会議」を観て、「藤森さんほどせこくてズルイ人間を演じられる人はいない!」という妙な感動が・・・(藤森さん、ごめんなさい!誉めてるんですよ~)。

 もうね、映画のスピンオフで、藤森さん演じる「新田特集」をやってほしいぐらい。
 藤森さんが、今後どんどん俳優として活躍されるのが楽しみです。

7bfddee75506add37c1e7a2c7b06b9d4_s.jpg


 それにしてもこの「七つの会議」、キャストはさながら池井戸ファミリーの同窓会でしたね~。

 香川照之さん・及川光博さん・片岡愛之助さん・北王子欣也さん等の「半沢直樹」チーム。

 立川談春さん・世良公則さん・小泉孝太郎さん・土屋太鳳さん・春風亭昇太さん・木下ほうかさん等々の「下町ロケット」チーム(「ルーズヴェルトゲーム」も)。

 役所広司さんら「陸王チーム」等々・・・。

 登場人物が新しく現れるたびに、「またまた池井戸ファミリー来たーーー!」と大興奮してました。

 「池井戸ファミリー」は、もはや「小室ファミリー」「橋田壽賀子ファミリー」に続く芸能界3大ファミリーのひとつ。

 いつか池井戸作品オールスター大感謝祭とかやってほしいです。

 それはいいとして、映画「七つの会議」、本当に面白かった!集中できた!

 寝る前まで、家族で「良かったね~」と何度も反芻しちゃうほど楽しめました。

 ぜひ皆さんも、原作・映画合わせて「七つの会議」をご覧になってみてください。


AERAのQUEEN特集、買っちゃいました!現役・往年の洋ロックスターにドキドキ・・・。

 AERAのQUEEN特集、迷った挙句買っちゃいました



 実は私、大学時代にバンド活動にどっぷり浸かり、大学よりもスタジオに入ってた時間のほうが長かったぐらい。
 (4年で卒業できてよかった・・・)

 QUEENをはじめ数々の洋ロックをコピーしては、スタジオロビーや学食でロック談議に花を咲かせていました。

 ちなみに利用していたスタジオは、その名も「QUEEN」。
 そのスタジオはもう無くなってしまいましたが、今でもQUEENと聞くだけで、バンド時代の熱い思いがよみがえってきます。
 
 さて、AERAのQUEEN特集ですが、とりあえず洋ロックの有名どころを幅広くカバー。

 QUEENを中心に、デヴィッド・ボウイやレッド・ツェッペリン、エアロスミス、ボン・ジョヴィ(※どうでもいいけどデヴィッド・ブライアンってなんであんなに変わらないの?エイジングケア法を知りたい!)、KISS、ディープ・パープル、T-REX、ブルース・スプリングスティーン等々ロックスターが綺羅星のごとく登場します。



 個人的に嬉しかったのは、ブライアン・アダムスが出ていること。
 「Summer of '69」とか「Cuts Like A Knife」「Heaven」「I Do It For You」「Do I Have To Say The Words?」などが大好きで、何曲もコピーしたものです。



 本誌では「白シャツが似合うロック優等生」と紹介。
 確かにその通り!ですね。
 
 個人的に寂しかったのは、プログレッシブ・ロックが入っていないこと。
 キング・クリムゾンとかYESとか入れてほしかった・・・なんてちょっと思っちゃいました。
 贅沢ですかね。

 さらに本誌では、有名漫画家が「ロック愛」を語るインタビューも。
 
 ロックミュージシャンが載っている漫画も紹介されていますが、なかでも「ウヒョウ!」と叫んだのが「マカロニほうれん荘」が出ていたこと



 私は小さい頃「マカロニほうれん荘」が大好きで、今でも「ギャグマンガの金字塔! 後にも先にもあれほどの傑作はない」と思っています。

 「マカロニほうれん荘」って、「どう見てもエアロスミスな刑事」とかが突然出てくるんですよね。
(スティーヴン・タイラーが背広を着て手錠を持ってたりする。)

 「あ~、鴨川つばめさん、ロック好きなんだろうな~」と常々思いながら、漫画を愛読していました。

 本誌では(小さくですが)、ロックテイスト入り漫画として「マカロニほうれん荘」を紹介。

 「えらい!えらいぞ!朝日新聞出版さん!」と握手したくなりました。

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観た人へのアンケートも、読み応えあり!

 ロック好きや「ボヘミアン・ラプソディ」に涙した人は必読ですよん(^^)
 (映画「ボヘミアン・ラプソディ」は昨年末観賞。レビューはこちらです。)
 

映画「十二人の死にたい子どもたち」を観てきました。

 映画「十二人の死にたい子どもたち」を観てきました。
 (原作のレビューはこちら

50962676_697048570692733_8597649693293412352_n.jpg


 冲方丁さんの原作が面白かったので観賞したのですが、観て良かった!

 原作よりも、作品が伝えようとするメッセージが直球で響いてきて、ラストではちょっと泣けちゃいました。

 今考えると、本では「謎解き」ばかりに目が行ってしまい、冲方丁さんが伝えようとすることを受け止めきれませんでした。

 私自身、そこまでキャパがなかったというか。

 でも映画は「謎解き」よりも、「冲方丁さんが伝えたかったこと」に重きを置かれていた感じ。
 「あ~、そういうことだったのかぁ! この物語って、こんなに良い話だったんだ!」とブワァッと感動が胸に押し寄せました。

 「十二人の死にたい子どもたち」を読み、頭がこんがらがってしまった人。
 ぜひ映画館に足を運んでみてください。

 原作に込められたメッセージに、胸が熱~くなりますよ(^^)

 

 

映画「マスカレード・ホテル」観賞。あの大物お笑い芸人はどこに登場?

 映画「マスカレード・ホテル」を観てきました。
 (※原作のレビューはこちら

50625304_692998697764387_7826091906995060736_n.jpg


 やはり新田浩介役の木村拓哉さん、山岸尚美役の長澤まさみさんはピッタリ!
 久我役の東根作寿英さんも、いかにもホテルマンっぽい感じで素敵でした。

 でも真犯人を、あの俳優さんが演じるとはね~。
 原作を読んでいたので、物語の中の犯人はわかっていたのですが、「演じる俳優さん」は全く見抜けませんでした。
 だまされたわ~。

 それにしても気になるのが、明石家さんまさんの出演シーン。
 この映画は、エンディングがドラマ「相棒」形式。

 キャストの紹介がエンドロールではなく、終盤のストーリーの中で、ポツポツ紹介されるんです。(わかりにくい説明ですみません。)

 そこで突然出てきたのが、「明石家さんま(友情出演)」の文字。

 一瞬、場内がザワザワ。
 エンドロールが終わり、シアターの照明がついた瞬間、「さんまさんが出てたのわかった?」「ううん、全っ然わからなかった!」という会話がチラホラ聞こえました。

 謎を確かめるために、もう一回観に行ってもいいかも。

 豪華な舞台で、豪華な俳優陣が舞い踊る「マスカレード・ホテル」。

 さらにそんなゴージャスなプレゼントがついているとは・・・。

 エンタメはこうでなくっちゃ!なーんて、ウフフとご機嫌になっちゃいました。

 ぜひご覧になってみてくださいね。

  

 

映画「シュガーラッシュ」観賞!そして「82年生まれ、キム・ジヨン」の偶然

 映画「シュガーラッシュ オンライン」を観てきました。

50055566_685643148499942_5243571390950408192_n.jpg


 内容は映画版「インターネットのひみつ」といったところ。

 検索、動画、それにまつわる広告収入、ネットオークション等々、ネットにまつわるアレコレを軽快にわかりやすく教えてくれます。

 小学生向けのネット講座などに使えそうです。

 ・・・と言いつつ、この映画で印象的なのは、ネットとは別のこと。

 「女性」に対するステレオタイプな見方を、打破しようとする動きです。

 この映画にはディズニープリンセスが総登場しますが、みんな「今までなかった姿」に変身。

 さらに終盤、思わぬ大活躍を見せてくれ、ストーリーを大いに盛り上げました。(映画館の子どもたちも、この場面を最も楽しんでいた様子)

 私は特にフェミニストというわけではなく、女性の活躍を声高に叫んでいるわけでもありません。
 
 でもプリンセスたちの「新たな動き」は、非常に心弾むもの。

 ディズニーの昔ながらの良さを生かしながら、新しい風を吹き込んでいく・・・そんな気概がこの映画からヒシヒシと感じられました。

 さて、私は「シュガーラッシュ」を観る前に書店に立ち寄ったのですが、偶然にも購入したのが、この本。
 韓国でベストセラーとなり、映画化も決まっている「82年生まれ、キム・ジヨン」です。



 「女性」というだけで受けてきた苦難・差別を描いた本ということで、ディズニープリンセスの変身に通じてるような。

 上映前、予告が始まるまで読んでいたので、その偶然に思わずときめいてしまいました。

 世界は、時代は、確実に動こうとしているんですね。
 本当に動くかどうかはわかりませんが、様々な人が様々な形で「変わらなきゃ!」と声をあげているんです。

 それにしても驚いたのは、この本、いきなり超常現象的に始まるんですよね。
 ここからどのようにして、女性の困難の歴史へと展開していくのか・・・めちゃくちゃドキドキしているところです。

 うわ~、一体どうなるんだろう~!?

 読み終えたらまた、感想を書きますね。 
 

「ボヘミアン・ラプソディ」観賞。最高すぎて滂沱の涙。今年一番の映画です。

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。

48217528_664394153958175_4322459424611368960_n.jpg


 もうね、最高!最高!!最高!!!すぎて、涙で顔ボロボロ。

 Queenが好きな人は、却って観ない方が良いかも。

 だって、こんな映画観ちゃったら、もうQueenが聴けないですよ。

 「Bohemian Rhapsody」、「We Are the Champions」、「Radio Ga Ga」、「Who wants to live forever」「Somebody to Love」・・・どれもこれも、映画を観てから聴くと、絶対泣いちゃいます。

 元バンドマンでQueen大好きな私は、今、ちょっと不思議な気分。
 「涙が止まらなくて、もうQueen聴けない・・・。でもやっぱり観て良かった、ああ、本当に観て良かった!!! でもやっぱり泣いちゃう!」と裏腹な気持ちが交錯しています。

 さて、なぜこれほどまでに「ボヘミアン・ラプソディ」が泣けるのかを、私なりに分析・振り返りをしてみました。



 とにかくこの映画、キレイなんですよ。
 それは「綺麗事」という意味ではなくて、「人として綺麗」なんです。

 観る前はもっと、フレディのスキャンダラスな面が強調されてる映画かと思っていました。

 でも実際に観てみたら、そんなことは全然なくて。
 心から音楽を愛し、仲間を愛し、家族や恋人、伴侶を愛する純な気持ちがストレートに伝わってくる内容で、観ていて非常に気持ちよかったです。

 これがいわゆる「炎上商法」みたいな過激な内容だったら、感動もしなければ、ヒットもしなかったかも。
 Queenとフレディ・マーキュリーの生き方・考え方・音楽への情熱を、派手ではなく静謐に描いた点が観る人の胸を打ち、「まさかの大ヒット」につながったんじゃないかな?と思います。

 フレディが「人に恵まれてた」のがわかった点も、また良かった!
 終生の友だったメアリーや、恋人の男性、ご両親、そして弁護士さんまで温かな目線で描かれていて好印象。
 
 「仕事でぶつかる相手」はいても、決して「悪者」はいなかった・・・そんな「人としてのキレイさ」が、この映画には溢れています。

 だから余計に、Queenの曲の詞が胸に迫るんですよね。
 
 LIVE AIDで、フレディはどんな気持ちで歌ったのかなぁ・・・と想像するだけで胸がギュウッ。

 ここまで「美しい人たち」に囲まれたフレディのこと。
 「別れ」を連想させる曲を歌う時、さぞかし辛かったのではないか・・・なんて考えてしまいます。

 そう考えると、この映画はQueenファンだけが観賞するのはもったいないですね。

 自分の命を燃やして、最後まで生き抜くこと。
 人を許し、愛し、受け入れることが、人生を豊かにすること。

 そんなことを、映画「ボヘミアン・ラプソディ」は教えてくれます。

 音楽好きの方はもちろん、そうでない方にも、心からおすすめの「本当に美しい映画」です。
 
※それにしても、ブライアン・メイのソックリぶりには驚愕!
ロジャー・テイラーもジョン・ディーコンも、「よくこんなに似た人、発掘してきたなぁ!」と感動しました。
おまけに、フレディの伴侶やご両親までソックリな人をキャスティング。
そんな徹底した作り込みも、大ヒットの一因だと思います(^^)

 
プロフィール

アコチム

Author:アコチム
反抗期真っ最中の子をもつ、40代主婦の読書録。
「読んで良かった!」と思える本のみ紹介。
つまらなかった本は載せていないので、安心してお読みください。

最新記事
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR

書評・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
広告
記事更新情報
リンク
広告